より良いサーフボードを提供するためにBALIでシェイプ中のAKABA

16日からJPSA第一戦がバリ島で開催。今年の初戦を戦う為に参戦するライダー達はAKABAと共に現地入しています。

AKABA

AKABAは試合観戦とインドネシアサーファー達から沢山のオーダーを受けている為、現地にてシェイプをし早2週間、調整しながらトロピカルライフを楽しんでいます。

シェイプルームがある場所には各国からシェイパーがAKABA同様シェイプをしに訪れます。その環境では、海外のシェイパーとコミュニケーションをとり世界基準のサーフボード談義がかわされています。

AKABA

また格段進化を遂げたサーフボードがAKABAの手によって誕生することが楽しみですね。

日本でのシェイプは4月30日からスタート。

夏に向けてサーフィンが上達したい、真剣にサーフボードを探している!そんな方は是非ご相談下さい。

Newボードで優雅にサーフィンを楽しむラディティア

made raditya rondiさん(@radityarondi)がシェアした投稿

コンペティブなサーファーにむけたNEWシェイプデザイン”Vona”でバレルメイク。石崎孝行

石崎孝行さん(@zakkyturbo)がシェアした投稿

攻撃的なミニボード”iolani”でバレルを楽しむ飯田素宇

Sou Iidaさん(@sooooouuuu)がシェアした投稿

ハンドシェイプのボードに乗り波を刻む松原渚生

Shomatsubaraさん(@shomatsubara)がシェアした投稿

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK