JOC junior Olympic cupにて松原渚生が3位と大健闘!&PUとEPS各ブランクスの特性を感じるベストな方法!

コンテストシーズンが到来し、各地では様々なコンテストが開催されております。プロ、アマチュア、それぞれのコンテストでライダー達が良い成績を残し健闘中!!

先日宮崎県宮崎市木崎浜海岸にて開催された、JOC junior Olympic cupにて松原渚生が3位と大健闘!

おめでとう渚生!!

松原渚生が特に気に入ってコンテストで使用するサーフボードがRondiシグネチャーモデルの”BULL”。全てのレベルのサーファーにお勧めできる小波向けハイ・パフォーマンスモデルです。

No. 17-0034 #crystaldreams #surfboard

Crystal Dreams Designさん(@crystaldreams_design)がシェアした投稿 –

コンペティターに好評のBULLモデルはEPSホライゾンブランクスでもオーダーが可能!

バリバリ現役サーファーはもちろんですが、特にアベレージレベルのサーファーには、今までに感じたことのないスピード感とフレックスを提供出来ることを自身を持ってお勧めできます。

EPSのサーフボードは硬い、オンショアには向かない、、、などなど多くの声を耳にしますが、AKABAがシェイプするサーフボードデザインに当社が使用するホライゾンブランクスなどのEPSブランクスは日本製で、今までのEPSサーフボードの常識を覆してくれるはずです。

PUとEPS各ブランクスの良さを実感して頂けるベストな方法とは!?

PUもEPSも、どちらのブランクスも素晴らしい特性を持っています。近年のコンテストでプロフェッショナルサーファーでも波の状況によりEPSをチョイスする事も多く見受けられます。両方のブランクスの特性を知ることで波との相性を考えて使い分ける事が可能です。

しかし、サーフボードは決して安価な物ではありません。両方を乗り比べた方が良いと簡単に言っても、簡単に出来ることではありません。私達がそれぞれのサーフボードの良さを語っても一方通行では本当の良さは伝わらないと思っています。

7月16日(日)に日本が誇るクラシカルポイント部原海岸で試乗会を開催致します。そこで私達が伝えたい事を試乗して実感して頂ける事が目的です。当日はクリスタルドリームスのコンテストと併せての開催となりますが、コンテストにエントリーしていない方でも試乗会に参加できますのでお気軽にご来場下さい。当日はシェイパーAKABAとHiroも来ます。松原渚生もエントリーしているので試合観戦も楽しめます!

私達サーファーの現場は海が中心であり海が答えを導いてくれるはずです。皆様のお越しをお待ちしております。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK