WSL QS1000で使用しているJT-1モデルの感想 With 高橋みなと

高橋みなと

只今SydneyのAvoca Beachで行われているKomunity Project Central Coast Pro出場のため、オーストラリアにいる高橋みなとは、現在R1を通過してR2に駒を進めています。

高橋みなと

掲載写真の右側(ホワイト)がR1で使用したJT-1モデル。

高橋みなと

高橋みなとから届いたJT-1の感想をご紹介!

モデルはJT-1、長さは二本とも5’8です。
ピンクのデザインが入っている方(左)が若干厚さがあり、サイズアップしてきたオーストラリアではピンクの方を使っています。クリアの方(右)は千葉でピックアップしたあと、南房総の腰くらいの波でテストしました。パワーが無いセクションでもしっかりと走ってくれて、ボトムからトップへの反応が凄くいいです。

小さい波だと板を短く、幅も出しがちですが、むしろいつもより1インチ長く、ノーズの幅も細くしてあるJT-1で乗れてしまうので、不思議な感覚でした(^^)

昨年からずっとJT-1に乗っていますが、今のところ一番お気に入りのモデルです!

今年のオフシーズンは海外には行かず、ほとんど地元仙台で過ごしましたが、その分トレーニングにも力を入れたので、その力を発揮して自分にとって納得のいく今シーズンにします!

高橋みなと

オーストラリアから帰国後は、オリンピック強化指定選手の合宿に参加予定。今年のJPSAは全9戦、その初戦が4月10日からバリで開催。国内でのQSもあり、なんと最終戦はホームの仙台新港で行われる事もあり、より一層気合いが入っているとの事です!

高橋みなとが出場しているCentral Coast Proはコチラからチェック

高橋みなと

チームライダーが必ず1本は忍ばせているJT-1モデル。コンペ思考のサーファーから絶大な信頼を得ているサーフボードは、オーダーする際に希望する波のサイズやコンディションなどを細かく伝えて頂くことで、希望にあわせたJT-1モデルが完成します!

パフォーマンス系のサーフボードをご検討中の方は参考にしてみてください★

JT-1モデル説明はコチラ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK