全国高等学校サーフィン選手権 松原渚生が優勝!EPS Marko blankが真価を発揮!

本日8月12日に千葉県志田下ポイントで第一回目の開催となった全国高等学校サーフィン選手権で見事優勝した松原渚生。
松原渚生
photo @soratopapa/ @飯田健二

高校生のサーフィン日本一を決める第一回サーフィン高校選手権”なみのり甲子園”

1960年頃、駐留アメリカ人が湘南や千葉の海でサーフィンを始めたことが、日本でのサーフィン発祥の起源と言われています。
そして第一回サーフィン全国大会が1966年7月に千葉・鴨川で開催されました。
それから約半世紀の間、日本のサーフィン競技史は様々な形で刻まれてきましたが、今まで一度も開催されたことがない高校生の大会です。
2020年の東京オリンピックで「サーフィン」が正式種目になったことや、日本人で初の世界ツアー参戦を果たしたカノア五十嵐選手の登場など、注目度が高まっているマリンスポーツ、「サーフィン」。その高校生のサーフィン日本一を決める第一回サーフィン高校選手権。
松原渚生
photo @soratopapa/ @飯田健二

スモールコンディションを制したサーフボードはEPS Marko Blankを使用した今秋リリース予定のVONAモデル!

photo @soratopapa/ @飯田健二
“そうそうたるメンツが集まって開催された第一回サーフィン高校選手権で優勝できたことはとても嬉しいです。全試合10点以上をだして勝利できた事は自分の自信にもなりました。”とコメントを送ってくれました。私達の創ったサーフボードで渚生が、素晴らしい結果を残した事はとても嬉しく誇りに思います。
渚生 おめでとう!!

今回渚生が使用していたEPS Marko Blankは以下のモデルで現在オーダー可能です。

VONA(2018年10月リリース)
JT-1
D-FLEX
クリスタルドリームスにおける得意分野”EPS”の開発とAKABAのシェイプ理論から創り出されるサーフボードデザインと、スモールコンディションでもターンによるフレックスと伸び、テイク・オフからの加速を実現するMarko Foam Blankとの融合は、初心者から上級者まで信頼して頂けるはずです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK