PUやEPSとは全く別の要素を持つ新素材VARIALフォーム

“Life is surf” shaping for test board. It’s a new blanks…. coming sooooon ….

CrystalDreams Surfboardsさん(@crystaldreamssurfboards)がシェアした投稿 –

以前クリスタルドリームスのインスタグラム(@crystaldreamssurfboard)にアップし、多くのお問い合せを頂きました新しいブランクス。本日ラミネートが終了し、もうすぐでテストボードが完成となります。その後、バリにてシェイパーAKABAやライダーによりテストを行います。

VARIAL

AKABAはシェープがとてもやりやすい!と高評価です。エアブラシも色のノリがよく、凄く良い物が出来そうなので、私たちはテストをするのが楽しみです!

VARIAL

そのフォームとは航空産業・F1カー産業で使われる世界最先端の素材を駆使したVARIALフォーム。軽く、強いだけではなく、反応が良く、早く、そして様々な波のコンデションにあうフレックスパターンが発揮されるとの情報を得ています。

VARIALフォームはPUやEPSとは全く別の要素を持つ新素材

日本のアベレージサイズでも期待でき、波が大きくなっても対応できる事が以下の動画でご覧いただけます。シェーン・ドリアンがビッグウェーブをVARIALフォームを使ったサーフボードで乗りこなしています。

EPS対応のレジンでラミネートすることで、PUフォームと同じフレックスが得られるとの事ですが、とても高価なフォームという事もあり、販売価格は上がることが予想されます。

今回のテストボードはD-FLEXモデル。
バリでのインプレッションが届き次第、こちらのBlogでお知らせさせて頂きます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK